皇朝史略(読み)コウチョウシリャク

世界大百科事典 第2版の解説

こうちょうしりゃく【皇朝史略】

水戸藩の学者青山延于(のぶゆき)の著。《十八史略》などの体裁にならい《大日本史》を簡略にした史書。《大日本史》編纂に従事していた延于は,それが浩瀚で初学者の通読に適さないことを考え,本書を著作するに至った。正続2編から成る。正編12巻は神武天皇から後小松天皇の譲位まで,続編5巻は称光天皇から関ヶ原の戦までを記す。正編は1826年(文政9),続編は31年(天保2)に出版された。【鈴木 暎一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうちょうしりゃく【皇朝史略】

歴史書。一二巻。水戸藩士青山延于のぶゆき著。1823年成立、26年刊。「十八史略」などの体裁にならい神武天皇から後小松天皇までを漢文体で簡略にまとめ直したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android