コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木徳庵 あおき とくあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木徳庵 あおき-とくあん

1806-1866 江戸時代後期の医師。
文化3年生まれ。武蔵(むさし)の人。郷土にはじめて種痘をつたえる。書家市河米庵(べいあん)の門にまなび,書,詩歌,俳句などをよくした。慶応2年死去。61歳。通称は武平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

青木徳庵の関連キーワードナポリ王国プロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争フランツ大陸封鎖フランツ[2世]ビュルゲルファビウスアーデルング