コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木稲女 あおき いなじょ

1件 の用語解説(青木稲女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木稲女 あおき-いなじょ

1898-1958 大正-昭和時代の俳人。
明治31年9月9日生まれ。青木再来と結婚して大阪にすむ。桝岡泊露(はくろ),高浜虚子(きょし)にまなぶ。奈良県天理市にうつり昭和13年俳誌「麦秋(むぎあき)」を創刊,主宰した。昭和33年3月24日死去。59歳。東京出身。旧姓は吉田。本名はひさ。句集に「田舎」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

青木稲女の関連キーワード長谷川かな女石田あき子尾崎迷堂小野房子栗生純夫後藤夜半滝田不勿田畑三千室積波那女山口草堂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone