コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木興勝 あおき おきかつ

2件 の用語解説(青木興勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木興勝 あおき-おきかつ

1762-1812 江戸時代中期-後期の武士,蘭学者。
宝暦12年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。亀井南冥(なんめい)に儒学をまなぶ。長崎で蘭学をまなび,帰藩後蘭学教授となる。文化元年ロシア使節来航に際し対外強硬論をとなえたが,うけいれられず辞任。文化9年6月死去。51歳。本姓は百野。字(あざな)は定遠,季方。通称は次右衛門。号は五竜山人。著作に「答問十策」「南海紀聞」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

青木興勝

没年:文化9.6(1812)
生年:宝暦12(1762)
江戸中期の蘭学者。福岡藩蘭学の祖。字は定遠,季方,通称次右衛門,号は五竜山人,危言狂夫。福岡藩士の子。幼少より亀井南冥に師事,藩校甘棠館の教官を務めたが,廃館(1798)後は買物奉行として長崎へ赴き,通詞にオランダ語を学ぶ。帰藩後の寛政12(1800)年に初代蘭学教授となるが,ロシア使節レザーノフ来航(1804)の際,対外強硬論を主張して藩に容れられず,隠遁した。外国貿易有害論,鎖国強化論などを展開した『答問十策』は写本で流布し,幕末の国防論に影響を与えた。ほかに『蛮人白状解』『南海紀聞』の編著があり,『南海紀聞』には直接聴取した漂流民の体験とミンダナオ,ボルネオなどの風俗,物産が生き生きと描かれている。<参考文献>杉本勲「筑前蘭学事始考―青木興勝の事歴を通じて―」(『九州文化史研究所紀要』12号)

(鳥井裕美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

青木興勝の関連キーワード市村羽左衛門ビュート伯後桜町天皇桃園天皇後桜町天皇シラン桃園天皇女帝中島三甫右衛門青木興勝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone