コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木興勝 あおき おきかつ

2件 の用語解説(青木興勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木興勝 あおき-おきかつ

1762-1812 江戸時代中期-後期の武士,蘭学者。
宝暦12年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。亀井南冥(なんめい)に儒学をまなぶ。長崎で蘭学をまなび,帰藩後蘭学教授となる。文化元年ロシア使節来航に際し対外強硬論をとなえたが,うけいれられず辞任。文化9年6月死去。51歳。本姓は百野。字(あざな)は定遠,季方。通称は次右衛門。号は五竜山人。著作に「答問十策」「南海紀聞」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

青木興勝

没年:文化9.6(1812)
生年:宝暦12(1762)
江戸中期の蘭学者。福岡藩蘭学の祖。字は定遠,季方,通称次右衛門,号は五竜山人,危言狂夫。福岡藩士の子。幼少より亀井南冥に師事,藩校甘棠館の教官を務めたが,廃館(1798)後は買物奉行として長崎へ赴き,通詞にオランダ語を学ぶ。帰藩後の寛政12(1800)年に初代蘭学教授となるが,ロシア使節レザーノフ来航(1804)の際,対外強硬論を主張して藩に容れられず,隠遁した。外国貿易有害論,鎖国強化論などを展開した『答問十策』は写本で流布し,幕末の国防論に影響を与えた。ほかに『蛮人白状解』『南海紀聞』の編著があり,『南海紀聞』には直接聴取した漂流民の体験とミンダナオ,ボルネオなどの風俗,物産が生き生きと描かれている。<参考文献>杉本勲「筑前蘭学事始考―青木興勝の事歴を通じて―」(『九州文化史研究所紀要』12号)

(鳥井裕美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青木興勝の関連キーワード上田仲敏蘭学蘭学階梯蘭学の宇田川家3代安部竜平大庭雪斎緒方富雄佐々木元俊下間良弼野辺地尚義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone