コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井南冥 カメイナンメイ

6件 の用語解説(亀井南冥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かめい‐なんめい〔かめゐ‐〕【亀井南冥】

[1743~1814]江戸後期の儒学者・医師。筑前の人。名は魯。字(あざな)は道載(どうさい)。徂徠(そらい)学を学び、福岡藩の儒員兼医員となったが、晩年は不遇のうちに自殺。著「論語語由」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

亀井南冥【かめいなんめい】

南溟とも。江戸後期の儒学(古学)者,医者。名は魯。筑前(ちくぜん)の人。古学を荻生徂徠(おぎゅうそらい)・僧大潮(だいちょう)に学び,古医方(こいほう)を永富独嘯庵(ながとみどくしょうあん)に学んだ。
→関連項目広瀬淡窓帆足万里細川重賢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井南冥 かめい-なんめい

1743-1814 江戸時代中期-後期の儒者。
寛保(かんぽう)3年8月25日生まれ。徂徠(そらい)学派の僧大潮に儒学を,のち大坂で永富独嘯庵(どくしょうあん)に医学をまなぶ。筑前(ちくぜん)福岡藩儒医にとりたてられ,天明3年甘棠(かんとう)館の総受持(総裁)となった。朱子学派の東学問所(修猷(しゅうゆう)館)と対立し,寛政異学の禁の余波をうけ,寛政4年失脚。門下に広瀬淡窓ら。文化11年3月2日死去。72歳。名は魯。字(あざな)は道載。通称は主水。別号に信天翁,狂念居士。著作に「論語語由」「肥後物語」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かめいなんめい【亀井南冥】

1743‐1814(寛保3‐文化11)
江戸中期の儒学者。名は魯,字は道載,通称道哉。南冥は号。筑前姪浜の人。僧大潮に儒学を,永冨独嘯庵に医学を学ぶ。1778年(安永7)福岡藩儒医に抜擢され,83年(天明3)西学問所学頭となったが,92年(寛政4)職禄を放たれた。学は徂徠学を奉じたが孔子を尊び,子の昭陽が大成して〈亀門学〉と称され西国に重きをなした。主著に《論語語由》《春秋左伝考義》《肥後物語》がある。【頼 祺一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かめいなんめい【亀井南冥】

1743~1814) 江戸後期の儒者・医者。筑前の人。名は魯、字あざなは道載、南冥は号。福岡藩儒医。藩校西学甘棠館総受持。徂徠学派の儒者として名を挙げたが、のち職禄を奪われた。著「論語語由」「肥後物語」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀井南冥
かめいなんめい
(1743―1814)

筑前(ちくぜん)国早良(さわら)郡姪浜(めいのはま)(福岡市)の古方医(こほうい)の子。名は魯(ろ)、字(あざな)は道載(どうさい)、通称は主水(もんど)または道哉(みちや)。少年期より徂徠(そらい)学派の肥前の僧大潮(だいちょう)(1676/1678―1768)に学び、宝暦(ほうれき)(1751~1764)に上坂して永富独嘯庵(ながとみどくしょうあん)に就く。帰国後、父に従い唐人(とうじん)町に移居して医院・塾を経営、朝鮮通信使との詩文応対でその才を認められ、藩の儒医に抜擢(ばってき)される。さらに、かねての藩校急務論が認められ、1784年(天明4)東西両藩校創設に際し、西学甘棠館(かんとうかん)の総裁に任ぜられた。西学は学ぶ者が多く、東学を圧倒していたが、やがて寛政(かんせい)異学の禁(1790)に便乗した東学修猷館(しゅうゆうかん)の朱子学派から陥れられ、南冥は隠退の身となって、その後に主著『論語語由』をまとめた。『論語』の注釈書は多いが、後儒のさかしらによりその原意がゆがめられているとし、本書は孔子のことばによってのみ孔子を語らせるという方法をとり、もっとも優れた注釈書の一つとされる。ほかに『肥後物語』『半夜話(はんやばなし)』『南游(なんゆう)紀行』『金印弁(きんいんべん)』などの著がある。漢詩に優れ、書をよくし欧陽詢(おうようじゅん)に倣った。また酒をたしなみ任侠(にんきょう)肌で、郷党に儒侠(じゅきょう)と称せられた。[井上 忠]
『高野江鼎湖著『儒侠亀井南冥』(1913・共文社) ▽荒木見悟他編『亀井南冥・昭陽全集』全8巻9冊(1978~1980・葦書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の亀井南冥の言及

【倭奴国王印】より

…1784年(天明4)2月23日,博多湾志賀島で百姓甚兵衛が水田の溝を修理していたところ,二人持ちの大石が現れ,これを掘り起こすと金印が出てきたと伝えられる。当時福岡藩の藩校甘棠(かんとう)館の祭酒(校長)であった亀井南冥はこれを鑑定し,実物であることを主張,《金印弁》を著している。その後,金印は黒田家所蔵となったが,近年福岡市に寄贈された。…

※「亀井南冥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

亀井南冥の関連キーワード羅城其音後藤清乗(4代)酒井玄蕃(1)三鍼田中玉峰樗雲平林東岳堀尾調和松井宗瑞

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone