青砥(読み)あおと

精選版 日本国語大辞典「青砥」の解説

あお‐と あを‥【青砥】

〘名〙 砥石(といし)の一種。石質の細かい粘板岩から作られ、青みを帯びる。はじめにとぐ粗砥(あらと)と、仕上げ用の真砥(まと)との間に用いられる。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

あおと あをと【青砥】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の青砥の言及

【といし(砥石)】より

…砥粒の大きさ,といしの硬さともに中位のものである。代表的な中砥として,青砥(京都府産),沼田砥(群馬県沼田産)などがある。荒砥と中砥の中間用に天草砥や白砥(愛媛県宇和島産)などが使用される。…

※「青砥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android