青砥(読み)アオト

  • あおと あを‥
  • あおと あをと
  • あおと〔あを〕
  • 青×砥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 砥石(といし)の一種。石質の細かい粘板岩から作られ、青みを帯びる。はじめにとぐ粗砥(あらと)と、仕上げ用の真砥(まと)との間に用いられる。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の青砥の言及

【といし(砥石)】より

…砥粒の大きさ,といしの硬さともに中位のものである。代表的な中砥として,青砥(京都府産),沼田砥(群馬県沼田産)などがある。荒砥と中砥の中間用に天草砥や白砥(愛媛県宇和島産)などが使用される。…

※「青砥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青砥の関連情報