コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青砥 アオト

デジタル大辞泉の解説

あお‐と〔あを‐〕【青×砥】

色が青く、きめの細かい粘板岩で作った砥石(といし)。中研ぎに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおと【青砥】

中研ぎ用の青灰色の砥石といし。素材は粘板岩・石英粗面岩を用いる。

あおと【青砥】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の青砥の言及

【といし(砥石)】より

…砥粒の大きさ,といしの硬さともに中位のものである。代表的な中砥として,青砥(京都府産),沼田砥(群馬県沼田産)などがある。荒砥と中砥の中間用に天草砥や白砥(愛媛県宇和島産)などが使用される。…

※「青砥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

青砥の関連キーワード知らざあ言って聞かせやしょう瀬川如皐(3世)片名・偏名・肩名青砥藤綱模稜案青砥稿花紅彩画藤原 豊次郎日本駄右衛門さしてもない武家義理物語赤星十三郎日本左衛門環状七号線青砥武平次白浪五人男河竹黙阿弥石英粗面岩浜添伸也木村真帆狩野海音柳亭種彦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青砥の関連情報