コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青竜刀形石器 せいりゅうとうがたせっき

1件 の用語解説(青竜刀形石器の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいりゅうとうがたせっき【青竜刀形石器】

縄文時代の磨製石器の一種。扁平な半円形の刃部の一端がのびて,棒状の柄になっている。長さ15~38cm,厚さ2cm弱と大型である。中国の青竜刀に似た形状から名付けられたが,青竜刀が半円形の弧状の縁に刃がつくのに対して,青竜刀形石器はやや内反りの直線縁のほうを薄く作り,弧状の縁には溝を刻み,柄の近くに突起をつけることもあり,その内容は青竜刀と異なる。時期を追って半円形部が細身になる傾向がみられ,棟(むね)部に溝のある晩期の石刀へと変化した可能性が強い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青竜刀形石器の関連キーワード縄文時代新石器時代石槍石刀石斧石棒石剣打製石器磨製石器新石器

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone