コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静尊法親王 せいそんほうしんのう

1件 の用語解説(静尊法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

静尊法親王 せいそんほうしんのう

?-? 鎌倉-南北朝時代,後醍醐(ごだいご)天皇の皇子。
出家して聖護院にはいる。元弘(げんこう)の乱で正慶(しょうきょう)元=元弘2年(1332)但馬(たじま)(兵庫県)に流され,守護太田守延にあずけられる。翌年京都に攻めいる千種忠顕(ちぐさ-ただあき)の軍に守延とくわわり,その大将となる。幕府軍との戦いに敗れ,その後の消息は不明。法名はのち恵尊。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

静尊法親王の関連キーワード顕円近衛局少将内侍(2)少納言内侍(1)尊真大納言局(4)長井宗衡藤原守子(2)坊門局(3)用堂

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone