コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静尊法親王 せいそんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

静尊法親王 せいそんほうしんのう

?-? 鎌倉-南北朝時代,後醍醐(ごだいご)天皇の皇子。
出家して聖護院にはいる。元弘(げんこう)の乱で正慶(しょうきょう)元=元弘2年(1332)但馬(たじま)(兵庫県)に流され,守護太田守延にあずけられる。翌年京都に攻めいる千種忠顕(ちぐさ-ただあき)の軍に守延とくわわり,その大将となる。幕府軍との戦いに敗れ,その後の消息は不明。法名はのち恵尊。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例