コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静脈閉塞 じょうみゃくへいそくvenous occlusion

世界大百科事典 第2版の解説

じょうみゃくへいそく【静脈閉塞 venous occlusion】

静脈のつまることで,その原因として古くから,血液が固まりやすくなる,静脈の血流がゆっくりになる,静脈壁に変化が起こる,の三つがあげられている。静脈には,皮下組織などの浅いところにある皮静脈と,筋肉の間などの深いところにある深部静脈の二つがあって,同じように静脈がつまった場合でも,両者ではまったく症状が異なる。たとえば,下肢では静脈血輸送の分担は深部静脈が80%,皮静脈が20%となっているので,深部静脈がつまるとその末梢部には著しい鬱血(うつけつ)が起こり,下肢にむくみを伴い,皮膚の色も赤紫色になるが,皮静脈の場合には鬱血症状はみられず,つまった部分が硬くなり,赤くはれて痛い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

静脈閉塞の関連キーワードバッド・キアリ症候群網膜中心静脈閉塞症網膜静脈閉塞症網膜動脈硬化症網膜光凝固術門脈圧亢進症中毒性肝障害精索静脈瘤コンフリー硝子体出血黄斑浮腫軟性白斑硬性白斑眼底出血RVO黄斑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android