コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静電レンズ せいでんレンズelectrostatic lens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静電レンズ
せいでんレンズ
electrostatic lens

電界レンズともいう。運動している電子が電界中に入ると,静電力によってその進行方向が変る。このため,電極を適当な形にして光学レンズの形に相当するような等電位面をつくると,光に対する光学レンズのように電子線を集束または発散させることができる。これを静電レンズといい,磁界を用いる磁界レンズとともに電子レンズ呼ばれる。磁界レンズに比べると集束度や収差の点で劣るが,外部コイルを必要とせず,取扱いやすいため,テレビ用や観測用のブラウン管および電子顕微鏡などの電子銃に利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone