コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非加熱製剤 ヒカネツセイザイ

デジタル大辞泉の解説

ひかねつ‐せいざい【非加熱製剤】

血液などを由来とする医薬品のうち、加熱による滅菌・ウイルス不活化操作を行っていないもの。
[補説]日本では、昭和60年代前半まで、非加熱血液凝固因子製剤が血友病などの治療に用いられ、そこに混入していたエイズウイルス(HIV)・C型肝炎ウイルスB型肝炎ウイルスなどに感染する被害が続出した。現在は加熱製剤が用いられており、非加熱血液凝固因子製剤は流通していない。→フィブリノゲン製剤薬害エイズ薬害肝炎救済法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひかねつせいざい【非加熱製剤】

加熱処理による滅菌操作を行なっていない血液製剤。肝炎ウイルスや HIV などに汚染されている可能性がある。非加熱血液製剤。 → 加熱製剤

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

非加熱製剤の関連キーワードフィブリノゲンとクリスマシンエイズ/HIV感染症非加熱濃縮血液製剤薬害エイズ問題薬害エイズ事件非加熱血液製剤薬害肝炎問題肝炎ウイルス芝田 進午血液製剤薬害

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非加熱製剤の関連情報