コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非加熱製剤 ヒカネツセイザイ

2件 の用語解説(非加熱製剤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひかねつ‐せいざい【非加熱製剤】

血液などを由来とする医薬品のうち、加熱による滅菌操作を行っていないもの。
[補説]日本では、昭和60年代前半まで、非加熱血液凝固因子製剤(フィブリノゲン製剤)が血友病などの治療に使われ、そこに混入していたエイズウイルスHIV)、C型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルスなどに感染する被害(薬害)が続出した。現在は加熱製剤が用いられており、非加熱血液凝固因子製剤は流通していない。→薬害肝炎救済法

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非加熱製剤の関連情報