コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非加速器素粒子物理学 ひかそくきそりゅうしぶつりがく non‐accelerator particle physics

1件 の用語解説(非加速器素粒子物理学の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

非加速器素粒子物理学

加速器なしに素粒子世界を探る実験物理。巨大加速器建設に限界が見える中、期待が高まる。主に自然現象に目を向け、飛来粒子の検出や粒子崩壊の観察などをする。代表格はスーパーカミオカンデ。東北大のカムランド(岐阜県)、大阪大の大塔コスモ観測所(奈良県)などもある。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非加速器素粒子物理学の関連キーワード核物理学加速器実験物理学素粒子物理学パール宇宙素粒子物理腹を探るハドロン実験施設B中間子ベル実験

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone