非加速器素粒子物理学(読み)ひかそくきそりゅうしぶつりがく(英語表記)non‐accelerator particle physics

知恵蔵の解説

非加速器素粒子物理学

加速器なしに素粒子世界を探る実験物理。巨大加速器建設に限界が見える中、期待が高まる。主に自然現象に目を向け、飛来粒子の検出や粒子崩壊の観察などをする。代表格はスーパーカミオカンデ。東北大のカムランド(岐阜県)、大阪大の大塔コスモ観測所(奈良県)などもある。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android