コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非同盟諸国首脳会議 ひどうめいしょこくしゅのうかいぎthe Summit of Non-Aligned Movement

知恵蔵の解説

非同盟諸国首脳会議

1961年のベオグラード会議以来、ほぼ3年ごとに開催。117カ国とPLOが参加(2006年9月、ハバナ会議)。92年以降、南北対話を打ち出したが、03年クアラルンプール会議は、「悪の枢軸」を唱えたブッシュ米政権を非難、米国のイラク戦争に反対。06年ハバナ会議は、(1)約半世紀間米国と対決してきたキューバが議長国となり(フィデル・カストロ議長は病気で欠席)、(2)中南米の反米自立を説くベネズエラなどの主張を反映し「単独行動主義と干渉」に反対、(3)核開発に関し米国と対立するイランを「民生用の核開発は平和目的」と支持、(4)イスラエルのレバノン侵攻を非難、(5)国連改革は安保理での拒否権制限と総会の役割拡大を要求、など「反米」が基調となった。なおこの会議の先駆となったのは、55年の冷戦下、民族自決を掲げ、脱植民地化の流れを決定づけたアジア・アフリカ会議(開催地のインドネシアのバンドンにちなみバンドン会議と呼ばれる)である。その50周年を記念して05年4月、同じバンドンでアジア・アフリカ記念会議が開催され、約100カ国の首脳らが出席。バンドン精神の継承、貧困撲滅の目標実現、紛争・汚職の防止、持続可能な開発のための資源活用、4年ごとの首脳会議の開催などを決定。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

非同盟諸国首脳会議の関連キーワード新世界情報コミュニケーション秩序フィデル カストロ国連軍縮特別総会非同盟諸国会議S. フセインベリーズ問題非同盟運動ビレンドラ集団的自立ガンジーチトーナセル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android