コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非同盟運動 ひどうめいうんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非同盟運動
ひどうめいうんどう

いかなる同盟やブロックにも参加せず,平和と安全の維持に努力することを目的とする運動。 1947年の独立以来,インドは一貫して非同盟運動の推進者,にない手である。当初,インドの外交はネルー外交とも呼ばれ,政治的・経済的な自立の達成を目標にして,米ソ冷戦時代に,新興の第三世界諸国を結集できた。 55年のアジア=アフリカ会議はその起点をなし,東側諸国もこの運動に積極的であった。しかし,1960年代の中ソ対立と南北問題に派生する南々問題,さらに 80年代末の米ソ対立の解消は第三世界の非同盟運動に大きな試練をもたらした。いわゆる南北問題が存在するかぎり,第三世界の利益を結集する条件は存在し,1992年9月には第 10回非同盟諸国首脳会議がジャカルタで開かれた。 1960年代以降,会議はより経済的な協力問題に関心を払うようになったのも特徴的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の非同盟運動の言及

【インド[国]】より

…この会議でネルーは中国の周恩来首相のアジア・アフリカ諸国への紹介役も務めたが,その中国とは間もなく国境問題やチベット問題をめぐって衝突する。本格的な非同盟運動は,中国との対立がインドの立場にとって打撃となりはじめていた1961年からである。その前年は〈アフリカの年〉で,これに代表される新興諸国の台頭と国連の変化を受けて,米ソ対立の緩和のため61年に当時のユーゴスラビアで,ユーゴのチトー,エジプトのナーセル,ガーナのエンクルマ,インドネシアのスカルノ,それにネルーの5人の首脳を中心人物とする25ヵ国からなる第1回の非同盟諸国会議が開かれた。…

※「非同盟運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android