非天(読み)ひてん

精選版 日本国語大辞典「非天」の解説

ひ‐てん【非天】

[1] (asura意訳) 語。阿修羅のこと。〔玄応音義‐三〕
[2] 〘名〙 天でないもの。
※貞享版沙石集(1283)一「仏は非天非人と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の非天の言及

【阿修羅】より

…アーリヤ人のインド・イラン共通の時代にはアスラとデーバdevaはともに神を意味したが,彼らが分かれて定住してからは,インドではアスラが悪神を,デーバが善神を意味するようになり,イランではアスラはゾロアスター教の主神アフラ・マズダとなった。インドではaを否定辞とみなし,〈非天〉〈非酒〉などの語源解釈をおこなった。神devaと阿修羅の闘争はインド文学のよきテーマとなった。…

【八部衆】より

…(5)阿修羅(アスラasura) 天に敵対するとされる乱暴な神。非天と訳されることもある。(6)迦楼羅(ガルダgaruḍa) 鷲が神格化されたもの。…

※「非天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android