面会謝絶(読み)めんかいしゃぜつ

大辞林 第三版の解説

めんかいしゃぜつ【面会謝絶】

(重体で入院中のときや大事な仕事中のときなどに)人と会うのを断ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めんかい‐しゃぜつ メンクヮイ‥【面会謝絶】

〘名〙 面会を断ること。また、それほど病気が重い状態。
※我羊独語(1929)〈品川義介〉徳富先生と老龍庵の清境「午前中は面会謝絶(メンクヮイシャゼツ)で毎日日課として筆を執られる」
※抱擁家族(1965)〈小島信夫〉三「面会謝絶の患者は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

面会謝絶の関連情報