コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島信夫 こじまのぶお

5件 の用語解説(小島信夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小島信夫
こじまのぶお

[生]1915.2.28. 岐阜,加納
[没]2006.10.26. 東京,国分寺
小説家。 1941東京帝国大学英文学科卒業。日本中学校に勤務したが召集され,1946年復員後は岐阜県庁,岐阜師範学校などに勤めた。 1954年明治大学助教授となり,のちに教授。『小銃』 (1952) ,『吃音学院』 (1953) ,『城砦の人』 (1954) など,日常生活の断面をとらえて現代人の精神のひずみを描く苦いユーモアで注目され,第2次世界大戦後のアメリカ人日本人不安定人間関係の心理模様を映した短編『アメリカン・スクール』 (1954) で芥川賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こじま‐のぶお〔‐のぶを〕【小島信夫】

[1915~2006]小説家。岐阜の生まれ。「第三の新人」の一人。「アメリカン・スクール」で芥川賞受賞。他に「抱擁家族」「別れる理由」「うるわしき日々」など。芸術院会員。平成6年(1994)文化功労者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小島信夫【こじまのぶお】

小説家。岐阜県生れ。東京帝大英文科卒。軍隊から復員後,高校,大学の教師をしながら創作活動を行う。《アメリカン・スクール》(1955年)で第32回芥川賞受賞。〈第三の新人〉の一人に数えられたが,作風は前衛的で異質。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島信夫 こじま-のぶお

1915-2006 昭和後期-平成時代の小説家。
大正4年2月28日生まれ。昭和36年から60年まで明大教授。専門は英文学。30年「アメリカン・スクール」で芥川賞をうけ,「第三の新人」のひとりと目される。40年「抱擁家族」で谷崎潤一郎賞,57年「別れる理由」で野間文芸賞,平成10年「うるわしき日々」で読売文学賞。自身と周辺を作品化しながら社会事象にも目をむけ,評伝の類もおおい。6年文化功労者芸術院会員。平成18年10月26日死去。91歳。岐阜県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小島信夫
こじまのぶお
(1915―2006)

小説家。大正4年2月28日、岐阜市に生まれる。父は仏具師。県立岐阜中学卒業後、旧制第一高等学校に入学。中学時代より文学少年で、高校でも文芸部委員となり、福永武彦(たけひこ)、中村真一郎、加藤周一、矢内原伊作(いさく)(1918―89)と知り合う。1941年(昭和16)東京帝国大学英文科卒業。東大時代は岡本謙次郎(1919―2003)、矢内原伊作、宇佐美英治らと同人雑誌『崖(がけ)』により、『死ぬと云(い)ふことは偉大なことなので』(1939)、『往還』『公園』(ともに1940)などを発表。ロシアの作家ゴーゴリから強い影響を受ける。卒業後は私立日本中学に勤めるが、42年徴兵されて一兵卒として華北戦線に従軍し、暗号兵の教育を受ける。北京の燕京(えんきょう)大学に常駐していた情報機関に所属していたが、終戦で46年(昭和21)に帰国し、郷里の岐阜県庁や岐阜師範学校、あるいは千葉県の佐原(さわら)女学校、都立小石川高等学校に勤め、54年以降は明治大学で英語・英文学の教員を定年まで続ける。
 1948年に大学時代の同人誌仲間を中心に岡本謙次郎、宇佐美英治、原亨吉(こうきち)(1918― )、矢内原伊作、白崎秀雄(1920―93)らと『同時代』を創刊し、『汽車の中』(1948)、『燕京大学部隊』(1952)などを発表。同誌掲載の『小銃』(1952)が『新潮』同人雑誌推薦号に載り、好評を博し文壇にデビューした。以後ユーモアと風刺をきかせた小説『吃音(きつおん)学院』(1953)、『星』『アメリカン・スクール』『城砦(じょうさい)の人』『馬』(いずれも1954)などを精力的に発表し、55年『アメリカン・スクール』で芥川(あくたがわ)賞を受賞。弱者の心理、劣等生の悲しみ等をユーモラスに描く作風に特徴がある。彼と前後して文壇に出た安岡章太郎、吉行淳之介、遠藤周作、庄野潤三らとともに第三の新人の一人と目された。
 しかしその一方、カフカ的傾向の作品も多く、寓話(ぐうわ)的抽象世界の造型は注目に値する。1957年ロックフェラー財団の招きで渡米。65年の『抱擁家族』で谷崎潤一郎賞受賞。『私の作家評伝』(1975)などの評論や保坂和志(かずし)(1956― )との共著『小説修行』(2001)がある。また、小説の新しい可能性を追究した『美濃』(1981)、『月光』(1984)、『平安』(1986)や14年間かけて完結した大長編『別れる理由』上中下(1982)は小説と現実との関係を意欲的に問い直した前衛的作品である。87年には、『抱擁家族』『別れる理由』に続く第三部『静温な日々』を発表した。90年代に入ると、「老い」をテーマにして、新聞連載の長編『うるわしき日々』(1997)、作品集『こよなく愛した』(2000)、小島信夫に縁のある三つの土地で語り始められる連作小説集『各務原(かかみがはら)・名古屋・国立(くにたち)』(2002)を著した。2006年(平成18)には『残光』を発表。1994年文化功労者。[松本鶴雄]
『『小島信夫全集』全6巻(1971・講談社) ▽『別れる理由』1~3(1982・講談社) ▽『墓碑銘・燕京大学部隊』(1983・福武書店) ▽『月光』(1984・講談社) ▽『平安』(1986・講談社) ▽『寓話』(1987・福武書店) ▽『静温な日々』(1987・講談社) ▽『暮坂』(1994・講談社) ▽『こよなく愛した』(2000・講談社) ▽『各務原・名古屋・国立』(2002・講談社) ▽『残光』(2006・新潮社) ▽『小銃』(集英社文庫) ▽『アメリカン・スクール』(新潮文庫) ▽『私の作家評伝』(潮文庫) ▽『抱擁家族』『殉教・微笑』『うるわしき日々』(講談社文芸文庫) ▽江藤淳著『成熟と喪失』(1967・河出書房) ▽大橋健三郎他編『小島信夫をめぐる文学の現在』(1985・福武書店) ▽千石英世著『小島信夫 ファルスの複層』(1988・小沢書店) ▽小島信夫・保坂和志著『小説修業』(2001・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小島信夫の関連キーワード岐阜県岐阜市加納安良町岐阜県岐阜市加納桜道岐阜県岐阜市加納新町岐阜県岐阜市加納天神町岐阜県岐阜市加納二之丸岐阜県岐阜市加納富士町岐阜県岐阜市加納本町岐阜県岐阜市加納丸之内岐阜県岐阜市加納柳町岐阜県岐阜市上加納山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小島信夫の関連情報