コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱擁家族 ホウヨウカゾク

デジタル大辞泉の解説

ほうようかぞく〔ハウヨウカゾク〕【抱擁家族】

小島信夫の小説。ひとつの家庭が妻の不倫をきっかけに崩壊していく様子を描く。昭和40年(1965)発表。同年、第1回谷崎潤一郎賞受賞。昭和46年(1971)、作者自身の脚本にて舞台化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抱擁家族
ほうようかぞく

小島信夫(のぶお)の長編小説。1965年(昭和40)7月『群像』に掲載。同年9月講談社刊。翌年9月第1回谷崎潤一郎賞受賞。現代における夫婦関係の危機的状況、それがもたらす家庭崩壊、解体していくエゴの実相を描いた問題作。中年の大学教師三輪俊介の妻はアメリカ兵と姦通(かんつう)する。それを知っているのに、主人公には妻を裁く倫理観がない。彼はなんとか家庭の危機を回避し、再建しようとし、郊外に家を新築するが、そのときには妻は乳癌(にゅうがん)で死に、息子は家出をする。新しい家は荒廃したまま残される。[松本鶴雄]
『『抱擁家族』(講談社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

抱擁家族の関連キーワードにしいひろみ松本鶴雄池田朋子群像

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android