靴を隔てて痒きを掻く(読み)くつをへだててかゆきをかく

精選版 日本国語大辞典「靴を隔てて痒きを掻く」の解説

くつ【靴】 を 隔(へだ)てて=痒(かゆ)き[=跟(あなうら)]を掻(か)

物事が思うようにならず、もどかしいことのたとえ。隔靴掻痒(かっかそうよう)
仮名草子浮世物語(1665頃)一「万につけて心に叶はず、ままにならねばこそ浮世とは言ふめれ。を隔てて跟(あなうら)を掻とかや」 〔無門関‐

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「靴を隔てて痒きを掻く」の解説

くつへだててかゆきを

物事が思うようにならないで、じれったいさまのたとえ。隔靴掻痒かっかそうよう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android