コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無門関 むもんかん Wu-men-guan

5件 の用語解説(無門関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無門関
むもんかん
Wu-men-guan

中国,宋の臨済僧無門慧開の著。1巻。紹定1 (1228) 年成立。慧開が,古則公案 48則に評唱と頌を加えて刊行,参禅者の入門書的な性格を有し,禅林で珍重された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むもんかん〔ムモンクワン〕【無門関】

中国の仏教書。1巻。南宋の無門慧開(えかい)著。1228年成立。古来からの公案四十八則を選び、評釈などを加えたもの。悟りへの入門書として、禅宗で重視される。禅宗無門関。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

無門関【むもんかん】

中国,宋代の禅書。無門慧開〔1183-1260〕が百丈野狐(ひゃくじょうやこ)から乾峰一路までの公案48則を選び,頌(しょう)と評唱を加えたもの。《碧巌録(へきがんろく)》〈従容録〉《臨済録》とともに禅宗で尊重される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

むもんかん【無門関】

禅書。一巻。1228年、宋の臨済宗の僧、無門慧開著。古人の公案四八則を選び、これに評唱と頌じゆを加えたもの。禅宗無門関。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無門関
むもんかん

中国、宋(そう)代の仏書。一巻。中国臨済(りんざい)宗の無門慧開(むもんえかい)が、禅宗の古則公案より48則を選んで頌(じゅ)を付した公案集。1228年(紹定1)の成立で、慧開に参じた弥衍宗紹(みえんそうしょう)の編集になる。趙州従(じょうしゅうじゅうしん)と雲門文偃(うんもんぶんえん)の禅に強い関心を示す。とくにその第一則の「趙州無字(じょうしゅうむじ)」の公案は重要で、宋代公案禅の極地に位置するという。中国では、早くその伝本を断ったらしいが、日本へは入宋(にっそう)して虚堂智愚(きどうちぐ)に参じて得法した無本覚心(むほんかくしん)(1207―98)によって初めて伝えられたとされ、五山版や古活字版の刊本もある。中世にはあまり関心をひくことがなかったが、江戸時代になると再認識され、多くの注釈が成立した。そのなかでも、『無門関春夕鈔(しゅんせきしょう)』『無門関万安鈔(ばんなんしょう)』『無門関自雲鈔(じうんしょう)』『無門関西柏鈔(せいはくしょう)』などが有名である。[永井政之]
『加藤咄堂著『無門関講義』(『碧巌録大講座 付録』1939・平凡社) ▽朝比奈宗源著『無門関提唱』(1957・山喜房仏書林) ▽平田高士著『禅の語録18 無門関』(1969・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無門関の関連キーワード覚心無門慧開話本慧開燕楽三舎東坡中国・宋代の禅の公案集曾我部静雄無本覚心

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無門関の関連情報