コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韋那磐鍬 いなの いわすき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

韋那磐鍬 いなの-いわすき

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
壬申(じんしん)の乱(672)の際の大友皇子側の臣。書薬(ふみの-くすり)らと兵をつのるために東国にむかうが,先発した薬が不破(岐阜県)で大海人(おおあまの)皇子軍につかまったので,にげかえった。名は石次ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

韋那磐鍬の関連キーワードあすか官吏壬申

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android