コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書薬 ふみの くすり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

書薬 ふみの-くすり

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)のとき,大友皇子(弘文天皇)の将。韋那磐鍬(いなの-いわすき)とともに,兵をつのるため東国に派遣されたが,美濃(みの)の不破についたところを高市(たけちの)皇子の伏兵に捕らえられたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone