書薬(読み)ふみの くすり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

書薬 ふみの-くすり

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)のとき,大友皇子(弘文天皇)の将。韋那磐鍬(いなの-いわすき)とともに,兵をつのるため東国に派遣されたが,美濃(みの)の不破についたところを高市(たけちの)皇子伏兵に捕らえられたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android