コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順序集合 じゅんじょしゅうごうordered set

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんじょしゅうごう【順序集合 ordered set】

実数の大小関係≦は次の性質をもっている。(1)aa(反射律),(2)ab,bcならば,ac(推移律),(3)ab,baならば,ab(反対称律)。これを一般化して,集合Mに関係≦が定まっていて,上記(1)(2)(3)の性質をもつとき,Mは順序集合であるという。一つの集合Sを固定して,Sの部分集合A,Bについて,ABのとき,ABと決めれば,Sの部分集合全体の集合Tは順序集合になる。しかし,例えばδの相異なる二元s,tを取って,A={s},B={t}とすれば,ABでもBAでもない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

順序集合
じゅんじょしゅうごう

順序」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

順序集合の関連キーワード半順序集合全順序集合ブール代数数学的構造順序関係推移関係反対称律順序集合整列集合有向集合部分集合集合論推移律順序型最大元反射律実数上界相似上限