コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須山万 すやま よろず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須山万 すやま-よろず

1842-1864 幕末の武士,儒者。
天保(てんぽう)13年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。医師の家に生まれ,鳥取藩儒正墻薫(しょうがき-かおる)に師事。江戸で塩谷宕陰(とういん)にまなぶ。藩の周旋方となり各藩の尊攘(そんじょう)派とまじわる。江戸の萩(はぎ)藩邸で幕吏に捕らえられ元治(げんじ)元年11月8日(一説に元治2年3月14日)処刑された。23歳。字(あざな)は十千。号は遜処。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

須山万の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)元治ゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ウォートルス科学史佐久間象山ホーソンエンゲルスアーサー

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android