コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須賀恒次 すが つねじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須賀恒次 すが-つねじ

1835-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)6年7月生まれ。土佐(高知県)安芸(あき)浦の人。藩校致道館にまなび民兵となる。元治(げんじ)元年清岡道之助らとともに,武市瑞山(ずいざん)の救出と藩論の転換をもとめて野根山屯集にくわわったが捕らえられ,同年9月5日処刑された。30歳。名は義氏。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

須賀恒次の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android