預り金(読み)アズカリキン

  • あずかりきん〔あづかり〕
  • り金

デジタル大辞泉の解説

預かった金。預け金を受託者の側からいう。
《「借りる」ことを「預かる」というところから》借金。江戸では金本位なので「あずかりきん」、上方では銀本位なので「あずかりぎん(預かり銀)」といった。
「講中の―も晦日(みそか)にゃあ揃(そろ)へて」〈人・辰巳園・初〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

預り金の関連情報