コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預(か)り金 アズカリキン

デジタル大辞泉の解説

あずかり‐きん〔あづかり‐〕【預(か)り金】

預かった金。預け金を受託者の側からいう。
《「借りる」ことを「預かる」というところから》借金。江戸では金本位なので「あずかりきん」、上方では銀本位なので「あずかりぎん(預かり銀)」といった。
「講中の―も晦日(みそか)にゃあ揃(そろ)へて」〈人・辰巳園・初〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

預(か)り金の関連キーワード出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律少額貯蓄非課税制度恋飛脚大和往来デポジット制度法定準備預金山城屋和助冥途の飛脚金銭貸借流動負債運用預り森の石松金銭債権貸出金利振替貯金対照勘定金融犯罪別段預金実質預金郵便振替短資会社

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android