預け金(読み)あずけきん(英語表記)deposits with other banks

  • あずけきん〔あづけ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金融機関が中央銀行または他の金融機関に預け入れた預金を勘定科目上預け金と呼ぶ。預り先からみれば預り金であるが,最近では勘定科目上この呼称を用いることは例外的で,一般には金融機関預金 financial institutions' depositsという名称が使われている。そして民間金融機関相互の預金はインター・バンク預金と通称される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

他人に預けた金銭。近世では、利子をつけずに金銭を預けること。また、その金。→預け銀
民間金融機関が中央銀行親銀行に預ける当座預金。「日預け金
大学や地方公共団体などの公的機関が裏金をつくる手法の一つ。取引業者に物品を架空発注し、支払った代金を預け金として業者に管理させ、これを私的に流用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

預け金の関連情報