コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頤の雫 オトガイノシズク

デジタル大辞泉の解説

おとがい‐の‐しずく〔おとがひ‐しづく〕【×頤の×雫】

《下あごについたしずくを飲むことはできないところから》手近にありながら、自分の思うようにならないことのたとえ。
「見るもの食はうあだ思ひ、是(これ)―なり」〈浄・袂の白絞〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おとがいのしずく【頤の雫】

手近にはあるが、我が物として思うようにならないことのたとえ。頤のしずく口に入らぬ。 「お姫様のお茶は-で、肝腎肝文のお茶は口へ入らぬ/歌舞伎・毛抜」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

頤の雫の関連キーワード我が物毛抜

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android