コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頰紅 ほおべに

1件 の用語解説(頰紅の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほおべに【頰紅】

ほおに色どりをそえるメーキャップ化粧品の一種。粉おしろいと同種の白色粉末原料に顔料を加え,プレスして固型にしたものとクリーム状のものがある。日本ではほおに紅をぬる化粧は《和名抄》にも記され,平安時代すでに用いられていたことが知られる。また《日葡辞書》(1603)には〈頰紅〉の語そのものが掲出されている。合成色素を使った洋風のほお紅(ルージュrouge)は大正末期から現れた。 ヨーロッパでは古代エジプト以来の天然朱や酸化鉄,鉛丹,アルカンナの根などを使ったほお紅化粧が続いていたが,中世に入ると白い肌が喜ばれるようになり,いったんはすたれたが,15世紀の終りころになって再びほお紅が使われ,とくにルイ14世の宮廷で流行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

頰紅の関連キーワード化粧品基礎化粧品メーキャップサンタンメーキャップナチュラルメーキャップメーキャッパーメーキャッピストメーキャップアーティストメーキャップ化粧品メーキャップベース

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頰紅の関連情報