コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頰紅 ほおべに

世界大百科事典 第2版の解説

ほおべに【頰紅】

ほおに色どりをそえるメーキャップ化粧品の一種。粉おしろいと同種の白色粉末原料に顔料を加え,プレスして固型にしたものとクリーム状のものがある。日本ではほおにをぬる化粧は《和名抄》にも記され,平安時代すでに用いられていたことが知られる。また《日葡辞書》(1603)には〈頰紅〉の語そのものが掲出されている。合成色素を使った洋風のほお紅(ルージュrouge)は大正末期から現れた。 ヨーロッパでは古代エジプト以来の天然朱や酸化鉄,鉛丹,アルカンナの根などを使ったほお紅化粧が続いていたが,中世に入ると白い肌が喜ばれるようになり,いったんはすたれたが,15世紀の終りころになって再びほお紅が使われ,とくにルイ14世の宮廷で流行した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほお‐べに〔ほほ‐〕【頰紅】

ほおにつけるべに。チーク。チークカラー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

頰紅の関連キーワードcheek color練り紅・練紅・煉り紅シェーディング紅をさす薄紅色味

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android