額田今人(読み)ぬかたの いまひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

額田今人 ぬかたの-いまひと

?-? 平安時代前期の官吏。
明法博士(みょうぼうはかせ)。大判事興原敏久(おきはらの-みにく)らと刑法上の難題数十を列挙,使者を派遣して唐(中国)に照会しようとしたが,讃岐永直(さぬきの-ながなお)の義解(ぎげ)により永年の疑問がとけ,遣使を中止したという。「日本三代実録」のみにみえる人物で,額田今足(いまたり)と同一人とされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android