額黄(読み)がくおう

世界大百科事典内の額黄の言及

【化粧】より

…また長沙馬王堆一号漢墓出土の奩(れん)に収められた櫛,笄(こうがい),白粉筥,口脂筥などに2世紀ごろの中国の化粧の発達を知ることができる。黛でまゆを描くことは前漢から記録にあるが,後漢に入るとまゆを青黛(せいたい)で青く描くようになり,さらに額の生えぎわに黄粉を塗る〈額黄(がくおう)〉,眉間に赤く丸を描く〈的(てき)〉,唇は〈朱脣〉や〈黒脣〉が行われていた。これらはインドから伝わった仏教の影響で,仏粧(ぶつしよう)とよばれていたが,多彩な色づかいは五行思想が加味されたものといわれている。…

※「額黄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android