黄粉(読み)きなこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄粉
きなこ

大豆を直火で炒り,あらく砕いて皮部を除き,さらに細かく粉砕し,ふるい分けしたもの。大豆青大豆を原料にする黄粉は黄褐色ないし淡緑色を呈し,和菓子の材料とされる。加熱により大豆特有の臭みが抜け,よい香りがでて,消化を妨げる有害物質の作用もなくなる。また,粉砕することにより消化もかなりよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きなこ【黄粉】

ダイズをいって粉末にしたもの。〈まめのこ(豆粉)〉ともいう。香りが高く風味があり,消化もきわめてよい。タンパク質33.5%,脂質23.4%,糖質26.4%を含み,栄養価が高い。黄ダイズのほか青ダイズでもつくられ,これを〈うぐいすきな粉〉と呼ぶこともある。和菓子にひろく用いられ,そのままでうぐいす餅に,砂糖と少量の塩をまぜて安倍川餅,クズ餅,おはぎなどに用いる。水あめを加えて練り固める州浜(すはま)は,豆あめの名で室町期から行われた菓子である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きな‐こ【黄粉】

〘名〙 (「黄なる粉」の意) 大豆を煎(い)って、こまかにひいて粉にしたもの。砂糖を加え、餠、団子などにまぶして食べる。豆の粉。
※女房躾書(室町末)「まめのこをばきなこともうす。いろのこ共云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の黄粉の言及

【豆】より

…両種でも,炒ったものをさらに粉砕して食べやすくしている。ピーナッツバターや〈きな粉〉がそうである。 こういった調理法をさらに進め,液体状にして飲料にすることもある。…

※「黄粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄粉の関連情報