コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顎間骨 がっかんこつ

1件 の用語解説(顎間骨の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

顎間骨【がっかんこつ】

間顎骨,切歯骨とも。上顎骨のうち切歯のはえる部分。本来独立した骨で多くの哺乳(ほにゅう)類にみられるが,ヒトでは普通は上顎骨に完全に癒合(ゆごう)し,時に切歯縫合という独立のなごりをみることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の顎間骨の言及

【頭骨】より

…下顎骨とともに,歯をもっていることが,この骨の特徴である。ヒトやサル以外の大多数の哺乳類では,上顎骨の前のほうの部分が切歯骨または顎間骨となって独立している。上顎洞の大きさは個人差が大きいが,およそ1.5cc,内面は鼻腔の粘膜でおおわれる。…

※「顎間骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone