コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔廟 がんびょう

1件 の用語解説(顔廟の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

がんびょう【顔廟】

中国の山東省、曲阜(きょくふ)(チューフー)市の市街北部の陋巷(ろうこう)街にある、顔回(紀元前514~前483年)を祀る廟。松や柏、桧、槐(エンジュ)が茂る約6haの敷地の中に、柱間159間の廟堂(びょうどう)をはじめとする建物群と55枚の歴代の碑刻がある。顔回は孔子の第一弟子で、中国六大聖人の一人で、「亜聖」と称される人物である。曲阜は春秋時代の魯国の都で、孔子や顔回の生まれ故郷である。漢の初代皇帝高祖(劉邦)が魯に立ち寄って孔子を祀った際に、顔回を復聖公に封じ、彼が生まれた陋巷街に廟堂を建てたと伝えられている。その後、元、明、清の時代に改修と拡張が続けられ、今日に至った。建物の中で、元の時代に建造された杞国公殿(顔回の父親を祀る神殿)は、たいへん貴重なものとされている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

顔廟の関連キーワード孔安国孔尚任泗水曲阜洙泗昌平芝罘碑林梶曲阜曲阜の孔廟、孔林、孔府

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone