顕官の挙(読み)けんかんのきょ

  • けんかん
  • の 挙(きょ)
  • 顕官

精選版 日本国語大辞典の解説

高い地位の官に任ずる者を推挙すること。正月一一日から行なわれる県召(あがためし)の除目(じもく)の第二夜に、要職とされる太政官の外記および史、式部、民部両省の丞、左右衛門の尉の各官に任ずる者を、公卿(くぎょう)に推挙させること。
※殿暦‐長治二年(1105)正月二六日「申文両三人任間、依仰顕官挙、余式部・民部・外記・史・左右衛門督申文合五結択出」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android