コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

類似療法 るいじりょうほう

百科事典マイペディアの解説

類似療法【るいじりょうほう】

同毒療法,ホメオパシーとも。生体の病的反応と同様の反応を起こす薬物を微量用いて疾病を治療する方法。ハーネマンが体系化。たとえば下痢に対する下剤投与などで,一時民間療法として盛んに行われた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の類似療法の言及

【ハーネマン】より

…マイセンで生まれ,ライプチヒ,ウィーンで医学を修め,1779年エルランゲン大学で学位を得た。ライプチヒを中心に各地で医師を開業,薬理学や化学の研究に興味をもち〈類似療法Homöopathie〉(ホメオパチー,同種治療法ともいう)を創始した。ある薬剤を健康人に与えると,なんらかの症状を発現する。…

※「類似療法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android