コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顧み カエリミ

デジタル大辞泉の解説

かえり‐み〔かへり‐〕【顧み】

振り返って見ること。
「万度(よろづたび)―しつつはろはろに別れし来れば」〈・四四〇八〉
過去を振り返ること。
「いと心澄めるやうにて、世に―すべくも思へらず」〈・帚木〉
気に掛けること。懸念すること。
「大宮にのみ久方の昼夜分かず仕ふとて―もせぬわが宿の」〈古今・雑体〉
後ろだてになって世話をすること。情けをかけること。うしろみ。
「身にあまるまで御―を賜はりて」〈少女

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かえりみ【顧み】

あとを振り返って見ること。 「 -すれば月かたぶきぬ/万葉集 48
自分の身を懸念すること。 「大君の辺にこそ死なめ-はせじ/万葉集 4094
面倒を見ること。世話。 「親たちの-をいささかだに仕うまつらで/竹取」
反省。 「モシソノ-ガ無クワ/天草本伊曽保」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

顧みの関連キーワード他人の別れ棒の端捨て去る・捨去るカルマ・ヨーガ門徒物知らず捨て物・捨物大義親を滅す我利我利亡者無きになす藪に剛の者凝り固まり吾が仏尊し個人プレー無下にする虫がいい打ち古る思ひ捨つ毀誉褒貶紅綬褒章ウイドー事の便り

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

顧みの関連情報