コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宮 おおみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大宮
おおみや

埼玉県南東部,大宮台地を中心として東部は綾瀬川,西部は荒川の沖積地に広がる地名。旧市名。1940年大宮町と日進村,三橋村,大砂土村,宮原村の 4村が合体して市制。1955年指扇村,馬宮村,植水村,片柳村,七里村,春岡村の 6村を編入。2001年に浦和市,与野市と合併し,さいたま市となった。中心市街地の大宮の名は武蔵国一の宮の氷川神社に由来。江戸時代には中山道宿場町。1885年に高崎線と東北本線の分岐点となってから,鉄道の町として発達した。その後も JR川越線,埼京線,東武鉄道野田線が開通し,東北・上越新幹線の分岐点,これに沿って通る新都市交通ニューシャトルの起点ともなっており,交通の要地。1950年代以降,東京の発展とともに北部の衛星都市として急成長。住宅,工場,デパート,銀行の進出が著しい。第2次世界大戦前は生糸や輸送用機械が主であった工業も,戦後吉野原工業団地が開発されてから化学,輸送用機械,精密機械,電気機械などの工業が行なわれ,県下有数の工業生産を示す。県南のスポーツ,文化,商業の中心地で,特に大宮駅周辺では商店街が立体化・近代化され,活況を呈している。大宮公園の北には盆栽業者が移住して形成された盆栽村と呼ばれる地区がある。

大宮
おおみや

茨城県北西部,常陸大宮市南東部の旧町域。久慈川那珂川の間に位置する町。 1889年町制。 1955年玉川村,大賀村,大場村,上野村の4村および静 (しず) 村,世喜 (せき) 村の各一部と合体。同年塩田村の一部を編入。 2004年御前山村,山方町,美和村,緒川村を編入し,名称変更および市制施行により常陸大宮市となった。米作,畜産などが行なわれ,上村田に独立行政法人農業生物資源研究所放射線育種場 (ガンマーフィールド) がある。

大宮
おおみや

三重県中南部,大紀町北部の旧町域。宮川中流南岸に位置する。 1956年清原町,七保村が合体して大宮町が発足。地名は宮川と支流の大内山川から1字ずつとった。 2005年紀勢町,大内山村と合体して大紀町となった。中心地区の滝原は伊勢神宮の別宮滝原宮の所在地。ほとんどが山林で,林業,米作,シイタケ栽培,和牛 (松阪牛) 飼育が行なわれる。秩父古生層の分布が広く,石灰石粉末を生産する鉱業所がある。宮川の支流大内山川にある大滝峡は渓谷美に恵まれ,釣り,キャンプに好適。付近にはサイクリングターミナル,青少年旅行村阿曾温泉などがある。一部は奥伊勢宮川峡県立自然公園に属する。

大宮
おおみや

京都府北西部,峰山盆地の南半部を占める地区。旧町名。 1951年河辺 (こうべ) ,周枳 (すき) ,口大野 (くちおおの) ,奥大野,常吉 (つねよし) ,三重 (みえ) の6村が合体して大宮町が成立。 2004年4月,峰山町,網野町,丹後町,弥栄町,久美浜町と合併し京丹後市となる。丹後縮緬の産地で,河辺地区に丹後織物工業組合の本部および染色や加工の工場がある。農業は米作が主。ほかにスイカを産し,チューリップなどを栽培する。大宮売 (おおみやめ) 神社には重要文化財の石灯籠2基がある。

大宮
おおみや

静岡県東部,富士宮市の中心市街地。富士山南西麓にあり,浅間神社門前町あるいは富士山の表登山口として発達した。山梨県甲府市にいたる JR身延線が通るほか甲府市,富士市沼津市を結ぶ国道が整備され,山梨県と緊密な関係をもち,その商圏は甲府方面まで拡大している。岳南工業地帯の北端に位置し,そのベッドタウンとなっているほか,食品,精密機械,印刷,紙,パルプ製材の各工場がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐みや〔おほ‐〕【大宮】


㋐神の御座所。神社。
「今年―および大寺をつくらしむ」〈舒明紀〉
㋑天皇の御所。皇居。
「天皇(すめろき)の神の尊の―はここと聞けども」〈・二九〉
《「おお」は年をとった人、「みや」は身分の高い女性の意》
皇太后太皇太后敬称
「―この夕暮れより御胸悩ませ給ふを」〈・東屋〉
㋑母である皇族の女性の敬称。
「―は、いよいよ若く」〈・総角〉
㋒皇族、または皇族出身の高齢の女性の敬称。
「―の亡(う)せ給へりしを」〈夕霧

おおみや【大宮】[地名]

埼玉県さいたま市中北部の区。旧市名。武蔵国一の宮の氷川(ひかわ)神社がある。江戸時代は中山道の宿駅、明治期は鉄道の町として繁栄。上越新幹線東北新幹線の分岐点で、県の商業中心地。→さいたま

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大宮【おおみや】

富士山の南西麓,富士山本宮浅間神社(現静岡県富士宮市)の門前町で,駿河国富士郡に属した。早くからが立ち,町場が形成された。1566年今川氏真は富士大宮の六斎市楽市(らくいち)とし,1580年には武田氏が大宮西町に新市を立て,同じく六斎市とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおみや【大宮】

富士山の南西麓,富士山本宮浅間(せんげん)神社の門前町。大宮神田の市に始まり,門前町として集落を形成した。甲斐と駿河を結ぶ甲州街道の宿場町,富士登山の表口の町として繁栄。富士大宮司家が支配し,室町時代には六斎市が立った。1566年(永禄9)今川氏真は大宮六斎市を楽市とし,門前の神田橋関を停止,80年(天正8)武田氏は大宮西町に新市を立てて六斎市とするなど駿甲連絡の要衝として重視した。江戸時代,大宮の町は神田町,中宿町,連雀町,伝馬町が連なり,神田橋から武田氏の立てた新市である西新町,北折して田宿町,新立宿,立宿町が町並みを形成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおみや【大宮】

皇居・神宮・神社の敬称。 「 -の内まで聞こゆ網引あびきすと網子あごととのふる海人あまの呼び声/万葉集 238
〔「おお」は「わか」に対して年長者をさす〕
太皇太后、または皇太后の敬称。 「此-へ御艶書あり/平家 1
皇子・皇女の母にあたる人の敬称。 「 -の御饌おもの、例の沈の折敷に/栄花 初花
臣籍に降嫁した皇女で母になった人の敬称。 「 - (=葵上ノ母。桐壺帝ノ妹)なども、よろしからず思しなりたれば/源氏 末摘花

おおみや【大宮】

埼玉県さいたま市の区名。旧大宮市。近世、中山道の宿場町として発展。明治以後は鉄道交通の要所。県の商工業の中心。武蔵国一の宮氷川神社がある。
京都府北部、京丹後市の地名。丹後半島の基部で、丹後縮緬ちりめんの産地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大宮の言及

【富士宮[市]】より

…人口11万9536(1995)。中心集落大宮は富士山本宮浅間神社(浅間神社)の門前町として,また富士山登山口として発達した。明治・大正には養蚕業が盛んであったが,1913年に富士~大宮間に富士身延鉄道(現,JR身延線)が開通し,東海道本線と結ばれると商業が発達し,第2次大戦前には沼津市と並ぶ県東部の中心都市であった。…

※「大宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大宮の関連キーワード大宮駅西口DOMショッピングセンター埼玉県さいたま市大宮区堀の内町茨城県常陸大宮市抽ヶ台町茨城県常陸大宮市下伊勢畑茨城県常陸大宮市田子内町茨城県常陸大宮市中富町茨城県常陸大宮市西野内茨城県常陸大宮市野中町茨城県常陸大宮市野口平茨城県常陸大宮市宮の郷茨城県常陸大宮市西塩子茨城県常陸大宮市松之草茨城県常陸大宮市氷之沢茨城県常陸大宮市高渡町茨城県常陸大宮市東富町茨城県常陸大宮市下村田茨城県常陸大宮市下小瀬茨城県常陸大宮市下檜沢茨城県常陸大宮市下岩瀬茨城県常陸大宮市上岩瀬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大宮の関連情報