コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風の電話 かぜのでんわ

1件 の用語解説(風の電話の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

風の電話

岩手県大槌町に置かれている私設電話ボックスの名称。2010年冬、いとこを亡くした同町の庭師・佐々木格が、海辺の高台にある自宅の庭に白色の電話ボックスを設置し、どこにも電話線がつながっていないダイヤル式の黒電話「風の電話」を置いた。翌年3月11日に発生した東日本大震災を受け、敷地を整備し、祈りの像や海岸に向かうベンチがある「メモリアルガーデン」を併設。また、12年4月には2階建て約40平方メートルの建物を造り「森の図書館」として開館した。同館には全国から約4000冊が寄贈され、完全予約制で入館できる。電話ボックス内には風の電話と1冊のノートが置かれており、やって来る人は、電話で亡き人に思いを伝えたり、ノートに気持ちを書いたりする。電話機の横には「風の電話は心で話します 静かに目を閉じ 耳を澄ましてください 風の音が又は浪の音が 或いは小鳥のさえずりが聞こえたなら あなたの想いを伝えて下さい」と記してある。これを元に14年2月、絵本『かぜのでんわ』(いもとようこ作・絵、金の星社)が刊行されている。この地には14年7月までに、のべ1万人以上が訪れているという。

(2014-8-21)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風の電話の関連キーワード電話ボックス岩手県上閉伊郡大槌町赤浜岩手県上閉伊郡大槌町安渡岩手県上閉伊郡大槌町大槌岩手県上閉伊郡大槌町大町岩手県上閉伊郡大槌町上町岩手県上閉伊郡大槌町小鎚岩手県上閉伊郡大槌町新町岩手県上閉伊郡大槌町本町岩手県上閉伊郡大槌町港町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風の電話の関連情報