コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風浪階級 ふうろうかいきゅう

2件 の用語解説(風浪階級の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風浪階級
ふうろうかいきゅう

風浪の程度の階級。船や沿岸から見てわかるように定めたもので,気象庁風浪階級表によると 10階級に分けられている。たとえば階級0は油を流したようなめらかであるとし,波高は 0m,最大の階級9は異常な状態 (台風の中心域で見られるような場合) とし,波高 14m以上にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

風浪階級【ふうろうかいきゅう】

船上や沿岸から海面状態をみてきめる風浪の強さの等級。気象庁では次のように10階級に分け天気予報などに用いている。括弧内の数字は波高,単位はm。0.鏡のようになめらかである(0)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

風浪階級の関連キーワード海佐海将消防士縦から見ても横から見ても中流尊い寺は門から見ゆる面向不背昼三メルカリ震度スーパーミドル級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone