コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風浪階級 ふうろうかいきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風浪階級
ふうろうかいきゅう

風浪の程度の階級。船や沿岸から見てわかるように定めたもので,気象庁風浪階級表によると 10階級に分けられている。たとえば階級0は油を流したようになめらかであるとし,波高は 0m,最大の階級9は異常な状態 (台風の中心域で見られるような場合) とし,波高 14m以上にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

風浪階級【ふうろうかいきゅう】

船上や沿岸から海面状態をみてきめる風浪の強さの等級。気象庁では次のように10階級に分け天気予報などに用いている。括弧内の数字は波高,単位はm。0.鏡のようになめらかである(0)。1.さざ波がある(0を越え0.1まで)。2.なめらか,小波がある(0.1を越え0.5まで)。3.やや波がある(0.5を越え1.25まで)。4.かなり波がある(1.25を越え2.5まで)。5.波がやや高い(2.5を越え4まで)。6.波がかなり高い(4を越え6まで)。7.相当荒れている(6を越え9まで)。8.非常に荒れている(9を越え14まで)。9.異常な状態(14を越える)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

風浪階級の関連キーワード船上

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android