風船ガム(読み)フウセンガム

大辞林 第三版の解説

ふうせんガム【風船ガム】

チューイン-ガムの一種。素地きじを風船のようにふくらまして遊ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふうせん‐ガム【風船ガム】

〘名〙 (ガムはチューインガムの略) 風船のようにふくらますことができるようにつくったチューインガム。
※雑居家族(1955)〈壺井栄〉ともしび「風船ガムときては、これはぜったいに好意がもてない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の風船ガムの言及

【チューインガム】より

…19世紀末アメリカ人トマス・アダムズやジョン・コールガンがチクルに甘味や香料を加え商品化した。その後板ガムの代表的メーカーとなったのはリグレー社であり,風船ガムはフリーア社が1906年に開発した(本格化したのは1928年)。日本には16年リグレー社から輸入され,昭和初期には風船ガムが国産されるようにもなった。…

※「風船ガム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android