コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一世 イッセ

デジタル大辞泉の解説

いっ‐せ【一世】

仏語。過去・現在・未来の三世(さんぜ)のうちの一つ。
一生涯。一生。
「夫婦―の別れが泣かずに居られましょうか」〈紅葉・二人比丘尼色懺悔〉
(子を二世、孫を三世というのに対し)その人の一代。
(孫の代までを二世曽孫(ひまご)までを三世というのに対して)父から子への一代。父子一代。

いっ‐せい【一世】

一生。一代。
その時代。当代。「一世に名を馴せる」「一世の雄」
一人の君主・家長が国や家を治めている間。一代。
移民や開拓民などの最初の代の人。「日系一世
同じ血統や同じ名の法王・王・皇帝などの中で、最初に即位した者。第一代。初代。「ナポレオン一世
[アクセント]12はイッセイ345ッセイ。

ひと‐よ【一世】

人が生きている間。一生
「―には二度(ふたたび)見えぬ父母を置きてや長く我(あ)が別れなむ」〈・八九一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっせ【一世】

〘仏〙 過去・現在・未来の三世さんぜのうちの一つ。現在。
生まれてから死ぬまで。一生。
(子を二世、孫を三世というのに対して)その人の代。
親から子への一代。

いっせい【一世】

一人の天皇の在位年間。一代。
[0] その人が生きていた時代。当代。 「 -に令名を響かせる」
同名の王・法王・皇帝などのうち、最初に即位した人を呼ぶ称。 「エリザベス-」
移民などの最初の代の人。 「日系-」
[句項目] 一世を風靡する

ひとよ【一世】

人がこの世に生きている間。一生。 「 -には二度見えぬ父母を置きてや/万葉集 891

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一世の関連キーワードアウステルリッツの戦いマルグリットドナバールユニバーサル[会社]ワーテルローの戦いメアリスチュアート前略、道の上よりライプチヒの戦いアンピール様式ハノーバー朝セントヘレナチューダー朝ファンダイク主従は三世グレシャムカレル大学夫婦は二世欽定訳聖書第一共和制ノルマン朝寿々木米若

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一世の関連情報