コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥井孝太郎(読み)あすかい こうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥井孝太郎 あすかい-こうたろう

1867-1927 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応3年生まれ。飛鳥井清の子。ヨーロッパ留学後,明治37年森村市左衛門,大倉孫兵衛らとともに名古屋に日本陶器(現ノリタケ)を設立。洋式工場で輸出向け磁器を製造,洋式製陶の先駆となった。のちに名古屋製陶所を創立。昭和2年7月29日死去。61歳。加賀(石川県)出身。東京工業学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android