コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥井孝太郎 あすかい こうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥井孝太郎 あすかい-こうたろう

1867-1927 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応3年生まれ。飛鳥井清の子。ヨーロッパ留学後,明治37年森村市左衛門,大倉孫兵衛らとともに名古屋に日本陶器(現ノリタケ)を設立。洋式工場で輸出向け磁器を製造,洋式製陶の先駆となった。のちに名古屋製陶所を創立。昭和2年7月29日死去。61歳。加賀(石川県)出身。東京工業学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飛鳥井孝太郎の関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android