飛鳥井清(読み)あすかい きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥井清 あすかい-きよし

1843-1884 幕末-明治時代の武士,殖産家。
天保(てんぽう)14年9月23日生まれ。飛鳥井孝太郎の父。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩士。明治9年金沢の円中(まるなか)孫平とアメリカの博覧会を視察。帰国後九谷焼の復興,銅器漆器の製造につとめ,12年九谷陶器を設立,社長となる。明治17年11月8日死去。42歳。旧名は一色一之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android