コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥京庭園跡 あすかきょうていえんあと

知恵蔵の解説

飛鳥京庭園跡

奈良県明日香村の飛鳥川東岸で発見された、7世紀後半の飛鳥宮廷の大規模な庭園遺跡。同庭園跡(南北200m、東西70m以上)から出土した約50点の木簡の内容が2002年4月に発表された。薬草煎じ薬の名前や分量などが記されており、中国の医学書と一致するものもあることから、遣唐使が持ち帰った最古処方箋との見方が有力になった。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android