コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

処方箋 しょほうせん prescription; recipe; rp

7件 の用語解説(処方箋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

処方箋
しょほうせん
prescription; recipe; rp

医師が患者に投薬する際に発行する薬用書。処方あるいは rpの文字,患者の姓名と年齢,薬品の名称と分量,調剤の方法と注意,発行の日付,医師の署名,または捺印を記載の必要条件としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょほう‐せん〔シヨハウ‐〕【処方箋】

医師が、患者に投与する薬について薬剤師に与える指示書。
(比喩的に)ある問題を解決するのに効果的な方法。「トラブル回避の処方箋

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

処方箋【しょほうせん】

広義には,薬剤,食料,料理,化粧品などの調合法を指示する文書。医療では,医師が,薬名,分量,用法,用量,患者の氏名・年齢,発行年月日,使用期間,病院・診療所などの名称・所在地などを記載し,署名・押印したもの。
→関連項目カルテ開示

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

処方箋

 医師,歯科医師,獣医師が薬剤師に対して行う薬剤投与の指示書.医師,栄養士が食事の指示をする場合に使う指示書が俗にいわれることもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょほうせん【処方箋】

患者の氏名・年齢,薬名・分量・用法・用量等を記載した用紙。これに記載すべき事項は,医師法施行規則21条に定められている。医師は,みずから診察しないで処方せんを交付してはならない(医師法20条)。また,医薬分業の原則のもと,医師は,患者に対し治療上薬剤を調剤して投与する必要があると認めた場合には,患者または現にその看護に当たっている者に対して処方せんを交付しなければならず(22条),薬剤師は医師等の処方せんによらなければ,販売または授与の目的で調剤してはならない(薬剤師法23条)と規定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょほうせん【処方箋】

医師が患者に与えるべき薬の処方を記載した書類。これによって薬剤師が調剤する。薬箋。
(比喩的に)物事の処理法や解決法。 「不況への-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

処方箋
しょほうせん

医師または歯科医師が、患者に対し治療上薬剤を調剤して投与する必要があると認めた場合に、患者または現にその看護にあたっている者に対して交付しなければならない文書をいう。処方箋の交付義務は医師法や歯科医師法に定められており、処方箋には、患者の氏名・年齢、薬名・分量・用法・用量、発行の年月日・使用期間、病院もしくは診療所の名称および所在地または医師の住所を記載し、処方した医師の記名押印または署名が必要である。
 薬剤師は、薬剤師法により、医師、歯科医師または獣医師の処方箋通りに調剤することとなっているが、もしも処方内容に疑わしい点があるときには、処方箋を交付した医師等に疑義照会を行うことが求められている。また、薬局開設者は、調剤済みとなった処方箋を、調剤済みとなった日から3年間保存しなければならない。なお眼鏡等の医療機器についても処方箋が必要である。
 処方箋における、薬名・分量・用法・用量についての記載方法には標準化されたものがなく、施設ごとあるいは医師ごとに異なっているのが現状であり、これが医療事故の原因の一つとも指摘されてきた。これを受けて、厚生労働省(「内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会」等)により、処方箋記載方法の標準化が図られようとしている。[辻 典明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

処方箋の関連キーワード氏名権偽称掲示自署手署処方分量薬名用量小量

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

処方箋の関連情報