コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食料供給産業 しょくりょうきょうきゅうさんぎょう

1件 の用語解説(食料供給産業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食料供給産業
しょくりょうきょうきゅうさんぎょう

「土地なき農業」とも俗称される。輸入飼料に全面的に依存する資本集約型の養鶏,養豚などの餌加工畜産や,外来エネルギー依存型,労働集約型の施設園芸などの総称。土地を基盤とする既成概念の農業に代って登場してきたもので,将来,人工食料や微生物食料が開発されるにつれてその存在意義は大きくなっていくものと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食料供給産業の関連キーワード採草放牧地土地利用計画食糧自給率青刈飼料飼料酵母飼料要求率農業固定資本(額)ナクサライトアヤラ計画粗飼料 (roughage)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone