コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯塚理八 いいづか りはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯塚理八 いいづか-りはち

1924-2006 昭和後期-平成時代の産婦人科医。
大正13年6月4日生まれ。昭和46年慶大教授となる。平成2年クリニック飯塚を開業。不妊治療,人工体外受精,男女の生み分けの研究などで知られる。日本不妊学会会長,日本産婦人科学会会長などをつとめた。平成18年11月29日死去。82歳。北海道出身。慶大卒。著作に「新編不妊の治療」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯塚理八の関連キーワード産婦人科医毛利秀雄

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android