飯室座(読み)いいむろざ

世界大百科事典 第2版の解説

いいむろざ【飯室座】

室町時代の大和で活躍した麴座(こうじざ)の名称。五位荘の住人が結成した座であるところから五位座とも呼ばれた。飯室とは麴を温めるための温室すなわち麴室の別名。麴座は中世の大和でさまざまな名称で呼ばれたが,その製造法にちなんだ名称としてはほかに温飯座(うはんざ)があり,飯室座もこの種の名称の一つと考えられる。飯室座は興福寺大乗院を本所とし,大仏供座,温飯座,乙木座,竹内座,木原座という他の麴座と,大和盆地における販売権を争っていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android