コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田篤老 いいだ とくろう

美術人名辞典の解説

飯田篤老

江戸後期の俳人。広島の人。通称完蔵、字は利矩、別号に田禾。高桑闌更門人。大阪で医術開業するが、晩年帰郷し町方吟味役となる。広島地方の蕉風の高揚に努めた。著書に『篤老園自選句帖』がある。文政9年(1826)歿、49才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田篤老 いいだ-とくろう

1778-1826 江戸時代後期の武士,俳人。
安永7年生まれ。安芸(あき)広島藩士。俳句をまなび,京都で高桑闌更(らんこう)の門にはいる。のち大坂で医業をいとなむが,文化9年(1812)帰郷して家督をつぎ,町方吟味役をつとめる。広島に蕉風をひろめた。文政9年4月23日死去。49歳。名は利矩(としのり)。別号に田禾(でんか),石兮(せっけい),篤老園(あつおいえん)。句文集に「篤老園自撰句帖(くじょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例